COURSE

三原村のんびりサイクリングコース

三原村のんびりサイクリングコース

START農業構造改善センター(やまびこカフェ)

15km

GOAL農業構造改善センター(やまびこカフェ)

三原村のんびりサイクリングコースの高低

「三原村のんびりサイクリングコース」のコース情報

レンタサイクルの状況 なし
コースの特長
セールスポイント
日本の原風景が残る三原村をのんびりと満喫できるコース
コース上のスポット
(ビューポイント、観光施設、お食事処など)
①ヒメノボタンの里→ヒメノボタンの里は県の絶滅危惧種に指定されているノボタン科の野草。ピンクと白の直径3センチほどのかわいい花を咲かせます。以前は幡多地域の各地に自生していましたが、今ではごく限られた地域でしか見ることができなくなっています。村内の宮ノ川星ヶ丘公園では愛好家が始めた保護活動が広がり、現在約5万株のヒメノボタンが9月初旬から見ごろを迎え、多くの人が訪れます。
②四万十みはら菜園→(株)カゴメの品種提供と技術指導のもと、安心・安全・高品質なトマトの生産に取り組んでいます。施設の見学も可能(要予約)
③ユズ選果・搾汁施設→ユズの集出荷・搾汁・加工等を行います。時期により稼働の様子も見学できます(要予約)
④椿姫像→悲劇の姫「椿姫」の像が祀られています。椿姫伝説はこちらから(http://www.vill.mihara.kochi.jp/kankou/index.html)
⑤土佐硯加工場→品質の良さでは全国に知られ「土佐端渓石」と呼ばれ高い人気を集めています。ゆったりとした自然環境の中で硯加工体験はいかがでしょうか?(要予約)
⑥お食事処→7軒の各どぶろく農家さんの料理(要予約)や、やまびこカフェ等による地域素材を生かした料理等を味わえます。
休憩所の有無
(トイレ等の設置状況)
・農業構造改善センター
・星ヶ丘団地
・宮ノ川集会所
・下長谷公衆便所
・皆尾集会所
周辺の観光スポット ヒメノボタンの里
周辺のグルメ情報 ・農家食堂・農家レストラン
・やまびこカフェ
01

三原村幻のどぶろく

県内有数の米どころである三原村では、戦前までは各農家で自分の作った米をどぶろくにして造って楽しみに飲んでいました。清らかな山水とその水で育った米を使ったどぶろくの味は、大変おいしかったそうです。酒造禁止に伴い、どぶろくは幻の味となっていましたが、平成16年12月に「どぶろく特区」の認定を受けたことにより伝統の味が復活。自然発酵で一つ一つが手作業により、じっくりと丹精込めて造られたどぶろくのまごころ溢れる味わいをお楽しみください。どぶろくが味わえる農家食堂・農家レストランはこちら→http://www.kochi-shokokai.jp/mihara/doc/doburoku.html
※酒気帯びでの自転車運転は禁止されています。

三原村幻のどぶろくオススメ
02

ヒメノボタンの里

ヒメノボタンは県の絶滅危惧種に指定されているノボタン科の野草。ピンクと白の直径3センチほどのかわいい花を咲かせます。以前は幡多地域の各地に自生していましたが、今ではごく限られた地域でしか見ることができなくなっています。

ヒメノボタンの里オススメ